探偵学校を卒業したら

番長の事務所で働かせて下さい



何だかよくわからねえが

最近、よくこの手のメールが来るようになった

ていうか

番長にメールを送ったそこの貴方

その意気込みは買うけど

俺の本名は「番長」なんかじゃねえぞ(笑)

せめて、HPを確認して

苗字くらいは調べてからメールして来たほうがええ

それに気持ち悪りいぞ

面接で


「番長!」


なんて呼ばれたらよ

まっ、そんな細かいことはどうでもええか

好きにしてくれ

さて

探偵学校を卒業→ガル・グループに就職希望

もしくは他の探偵社に就職希望

そういったプロ志向の人に申し上げます

怠け癖はつけるべきじゃあないけれど

遊びはどれだけ覚えておいても

探偵としてマイナスではないよ

いつか調査に役立つことがきっとあります

例えば

対象者が愛人とカップル喫茶に入りました

さて、貴方が探偵ならどうします?

探偵やってりゃ、たまにあるシチュエーションですが

まず

カップル喫茶がどういう店なのか知らなければ

カップル喫茶だと気づかない可能性があるわな

次に

とりあえず入店するにしても

どうしてええかわからんよね

そこが会員制の店だったらどうする?

ゴネゴネ考えている暇に対象者達は出てきてしまう

過去にあったのが

対象者と愛人がとあるハプニングバーに入った

とりあえず出てきた客に頼み込み

紹介して貰って入店したのはええが

番長のような人相の客が1人でいると


目立つ、目立つ


しかも

対象者達がいるのは別の個室風のフロア

意を決し

様子を窺いに行ったはええんやど

客と店員の全視線が番長に・・・


や、


や、


や、


やめてくれ



そんな目で



俺を見るんじゃねえ!



そのハプニングバーでは番長の存在自体が

【ハプニング】

当然、撮影なんぞ不可能

店外で待つ調査員に

俺、今日は尾行すんの無理だから

後は頼んだぞ

散々な結果に(笑)

ということで

知らないジャンルのお店には(特に風俗関係には)

飛込みでは入らない

ところが

過去に経験のあるお店だったら

楽勝だわな

「まいど」

「今日は1人で見学がてらに来たよ」

なんてな^^

ただ、馴染みになり過ぎるってのも困りもので

番長の地元の繁華街では

番長が歩くだけで

「お疲れ様です〜」

「ご苦労様です〜」

呼び込みのアンチャン達が声を掛けてくる

「黙れ!今日は俺に声を掛けんじゃねえ!」

なんて言う訳にもいかず

正直、やりにくい

だから、そこでも調査員に任せ

万が一、トラブルでもあれば

「うちの若いのが迷惑をかけたって?」

一言で解決させる

ハハハ^^

そういうトラブルには滅法強いのですね(笑)

とはいえ

誰にでも得手不得手というのがあるよね

代表者である番長

相談員

調査員

全てが揃って1つの探偵社なんですわ

それに

うちの若い衆が全員番長みたいな奴だったら

「探偵事務所」じゃなくなり

単なる

「事務所」

と呼ばれる怖い場所になっちゃうだろ(笑)

さて、今週は時間があったら

名古屋校にでも顔を出すか

生徒さん達

聞きたいことがあったら何でも聞いてええよ

ほんじゃ

また

再見!


___________________________________________________________________
ガル・ディティクティブスクール

探偵業法制定を記念してキャンペーン中です

スクール_キャンペーン