今日は弁護士さんとの打ち合わせでした

収集した証拠資料を手に弁護士さんの事務所へ

持参した調査報告書は700ページを超える力作


「凄いね」


弁護士さんも驚いていました

打ち合わせの最中に探偵業の話になり


「かなり不透明な業種だよね」


実際

探偵業の関するトラブルやクレームは多いらしく

弁護士会や先生のほうにも相談があるとのこと

ただ


「ガルさんの苦情は聞いたことがないから安心して」


と言っていただき

正直、ほっとしました

いくらミスの無いように調査しているとはいえ

引き受けた全ての案件が

依頼者さんの思い通りの結果が出るとは限らないからね

浮気調査の結果がいくら90%程度「クロ」とはいえ
※ クロ=浮気の事実あり

10%は「シロ」

若しくは調査期間内に浮気の事実なし

ということであり

調査報告の際には納得して頂いても

後になって


「やっぱり、おかしい」

「ちゃんと調査していないんじゃないか」



なんて人がいないとも限らないからね

そして

法律の専門家である弁護士さんに

調査員の努力の結晶である報告書を誉めて貰えると

やっぱ、嬉しい

直接弁護士事務所に行くのは番長だけど

そんなのは単なる代表の立場だけの話で

実際に調査をしているのは調査員


「弁護士さんが報告書を誉めてくれたぞ」


そりゃ、調査員達も喜ぶよ


探偵業法施行を期に

今後益々

探偵社→弁護士事務所へ案件持ち込み

弁護士事務所の紹介→探偵社への調査依頼

というケースが多くなると思います

探偵志願者の諸君

ええか

一生懸命やるなんてことは当たり前

どれだけ努力したかなんて依頼者さんには関係ない

裁判にも関係ないんよ

努力は普段するものであって

調査現場では普段通りしたらええだけよ

俺たちはプロなんだから

プロの仕事をするだけのこと

これからは本物だけしか残らへんようになる

それだけは確かなことや

精進しなはれ