今まで何度も書いてきていることですが

派手さ

華やかさ

そういったこと求めて探偵業界に入ろうとするならば

間違っていると思う

今の日本社会において

探偵の存在意義というものを探すのであれば

人がやらないこと

人が出来ないと思えることを

誰に何と言われようが

愚直にやっていく

それ以外にないんじゃないかと番長は思います

探偵業は

アンダーグラウンド的仕事をする者の集団

誰にも知られず

誰にも悟られず

水面下で調査を行ない報告する

調査を行なったこと自体

クライアントが望まない限り闇の中

地味という言葉が最も相応しい職業

それが探偵なんよ

貴方がどのような考えで

どのような志で

探偵になりたいと思うのか

探偵学校に通うのか

番長にはわからない

業界内でも探偵業法を期に

業界を犯罪性、違法性のない健全な業界にして

社会的地位を確立する

そういった考えは十二分にあると思う

ただ

それでも

探偵は

やっぱ

アンダーグラウンドなんよね

クライアントが求める探偵がそれであるなら

番長はそれでええと思う

尾行

張り込み

聞き込み

データ収集

誰でも出来そうで出来ないことを

愚直にやり続けるのが探偵

ええか

華やかな世界を求めるのであれば

警察官を目指した方がええぞ

地味こそ探偵なり