普段何気なく見る光景からも

全てじゃないにしても

その家に住む家族の生活の様子がわかる

探偵ならば

まずは

洗濯物とゴミ

それは基本だな

探偵社に働いて日の浅い調査員は皆

どうすれば調査が上達するのか?

と思いながら働いているでしょうが

慣れた調査員というのは

情報収集が上手いんよ

よくあるケースとしては

マルタイが自宅より自家用車に出て

どこかで交際相手女性を拾う

後方から車内の様子を確認しながら尾行



コンビニなどに寄ったりすれば

車の中をさりげなく確認したり

店内で2人の会話を聞いたりして


代表!

尾行中に助手席で女性が本を読んでいたんですよ

車内を確認したら○○ウオーカーでした

ドライブに行くかもわかりませんね



とか


2人が話しているのが聞こえたんですけど

今から○○に行こうとしていますよ



なんて報告してくる

そりゃ、ある程度の情報があれば

尾行もぐんと楽になるよね

そういった細かいことに気が配れるか否か

これは非常に大切だ

探偵学校では教えられない大切なことが

街中に溢れるほどあります

マンションのベランダ部分を見て


ああ、あの部屋は物干し竿がないから

引っ越してきたばかりか

事務所に使っているのかな?



なんて思ったりする感性は

探偵にとって非常に大切だよ

慣れてくれば自然に出来るようになるんだけど

あまりにも覚えが悪い奴は

やっぱ、番長も人間だし

雇用する側としては

頭にくる

ただ、あまり怒ったりしても

何かしなければいけないと焦ってしまって

ろくなことにならない

難しいところだな

まあ、色々ありますが

マイペースでええんだけれど

一生懸命さが無くなったらダメ

というところでしょうか

12月に入校された生徒さん

せっかくだから

いつも通い慣れた道でも

ちょっと違った探偵の視点から町を眺めて下さい

色んなことが見えて

新しい発見がきっとあると思うから