えーっと

昨晩

偶然

探偵志願者に会いました

その方は

飲み屋さんで働く女性

スゲー美人の方でした

たまたま入ったお店で

たまたま友人と探偵の話をしていたところ


実は・・・かくかくじかじか・・・


どうやら本気なようで

探偵学校に片っ端から問い合わせをした上

何と

実際に自分の目で見て

自分の耳で聞いてから判断したいと

数件の探偵社を廻ってみたという兵

うーん

女性ながら

ええ度胸をしとる

侍だな(笑)

夢で終わるのか、夢が叶うのか

番長には知る由もないけど

頑張れ!

ところで

ここ暫く

番長のパソコンの具合がどうも宜しくない

立ち上がりがスンゲー悪いし

接続に不具合も出てきた

セキュリティーソフトが原因だと思うけど

やな感じだ

買い換えようとも考えたが

数年もの間

番長と同じ時間を共にしてきた相棒だから

そう易々と換えるわけにはいかない

完全に死ぬまで面倒を看てやる

パソコン

調査車両

撮影機材

機械物というのはどれも

長く使っていると弱ってくるわな

ビデオカメラなんて典型的で

早いものでは半年〜1年程度で

ヘッド、電源スイッチ、バッテリー

弱ってくる

番長の愛用ビデオは5台だけど

入れ替わり立ち代り病院(メーカー修理)行き

でも

手に馴染んだ愛用機が1番信用できる

とっさの取り回し

ボタンを見ないでも設定変更などの操作は可能だし

何より

慣れているからこそ

ファインダーを覗かなくとも

小脇に挟んだまま

出に持ったまま

今この状態でカメラがどのように撮影しているか

感覚でわかる

探偵学校でも


「どうしたら撮影が上達しますか?」


なんて質問がよく出るが

番長の答えはいつも同じ


「朝から晩まで常に携帯し、撮影しろ」

「寝る時も(カメラを)抱いて寝るくらいにな」


いつ

どこで

どのような状況においても

さりげなく撮れるようになるのは

やっぱ、慣れだよ