ふーっ。。。

いよいよクリスマスが目前だな

思い起こせば

探偵稼業に入ってからというもの

色んなクリスマス・イブを迎えました

たった1人

調査車両でイブを過ごした回数なんて

数え切れやしねぇ

とりあえず

悔しいから近くのコンビニで

売れ残ったケーキと

ノンアルコールのシャンパンを買うのであるが

コンビニで働くアンチャンに

同情されるような表情で

買い物袋にケーキなどを入れられている瞬間

それがまた

結構、虚しい

とはいえ

俺の選んだ道だ

クリスマス・イブ如き

どうってことはねえ

探偵学校の生徒の皆さん

君達が今年のクリスマスをどうやって過ごすかは

番長は知らねぇ

でも

君達が探偵を志し

今後、探偵社で調査員として勤務するならば

恋人と過ごせる最後のクリスマス・イブかもしれねぇ

十分、満喫してくだされ

何?

彼女(彼氏)がいない?

うーん

それは

ちょっと

番長より悲しいかも・・・(笑)

まあええ

そういう人は窓を開け

イブの夜空を見上げながら

「この下で大勢の探偵が活躍してんだな」

応援して下さい

探偵社が最も繁盛する日

クリスマス・イブ

今年はどんなイブになることやら

今年番長の探偵社が尾行するマルタイ諸君

番長はおっさんやからええとして

若い衆もいるからよ

せめて

とっとと帰ってやって下さい