さて、探偵社に無事就職したとして

すぐに気づくだろうが

仕事の大半は尾行、張り込みを中心とした

「行動調査」だ

いわゆる、浮気調査・素行調査というやつだな

そこで

マルタイに移動手段にもよるけど

探偵の足はやはり車両となる

調査車両は4輪2輪

シチュエーションによって分けるべきだが

機動性・確実性を考えると

尾行はやはりバイクです

そうだな、高速道路使用の可能性を考えると

最低でも250cc

ただ、大きければ良いかと言うとそうではなく

取り回しもあるから基本は400ccになる

車通りの多い都会での調査であれば尚のこと

バイクで尾行というのは必須だ

だから

探偵になりたいがどういった準備が必要か

と聞かれれば

番長は真っ先に

「自動二輪の免許を取得しておきなさい」

と答える

当然、番長も持っています

他には大型免許に船舶免許も持っている

ま、あまり意味はないけど(笑)

ただ、2輪での尾行はメリットばかりかといえば

そうではなくデメリットもある

その1つは

撮影がやりにくい

四輪であれば車両内に隠れながらの撮影で良いが

2輪ではそうはいかない

カメラを隠す部分が少ないから

必然的にマルタイなどに発覚する可能性が高くなり

その分、撮影は難しくなるよな

同時に

張り込みもキツイ

理由は撮影と同じだな

そして、雨

バイクでの雨の日の撮影がキツイのはわかるよな

ということで

番長の探偵事務所でもそうだけど

調査の基本体制は4輪&2輪のセット

時には4輪の後ろに隠れ

4輪の調査車両を先導しながらバイクで尾行

撮影時がきたら

自分でもカメラは準備しつつも

4輪の調査員に伝え、ある程度は任せる

これが最適ではないかと思う

探偵志願者の諸君

バイクの免許は早いうちに取得しておいた方がええよ

入社してから取得でも構わないけど

なかなか時間が取れないだろうし

後から入ってきた新人が2輪でバンバン尾行

自分は免許がないから4輪専属ってのも辛いだろ

雇用する側としては1つの判断材料になるしね

それでは

また