昨年6月1日に施行された探偵業法

正式には

「探偵業の業務の適正化に関する法律」

というのであるが

施行までにも何回か警察による説明会が行なわれ

そして、それから1年が経った今

説明会が名古屋にある中村警察署で行なわれた

番長的には

今までに何度も

中部ブロックオーナーズ会議で勉強してきたことだから

今更・・・

と思うのであるが

とりあえず参加

内容は過去の説明会よりも具体的な

例えば契約書類に関することまで

踏み込んだ説明がありました

探偵業法には罰則も定められており

担当県警職員によると

立ち入り検査などで不備が発覚

既に行政処分の手続きに入っている業者もあるとか

今後も違反があれば厳しく処置をしていくそうな

うーん

そうなると

個人の事務所で適法な書類整備を行い

適法な運営をしていくというのは

どこかに穴がありそうで

不安になってくるよな

だけど

顧問弁護士が契約書類等を作成し

指導してくれるから

ガルエージェンシーの場合は安心で楽

グループ運営というのはこういう時に強い

探偵業法は3年後に見直しとなっており

ということは、後2年後だけど

その時はその時

また弁護士を交え、臨機応変に対応すれば

まあ、大丈夫だろう

そんなことを色々トータル面で考えると

自分が在籍するところだからと

贔屓目ではなく第三者的立場からみても

ガルエージェンシーは経営も透明化されており

探偵業界の中ではかなり

というか

ダントツに健全な運営をなされた探偵社グループだから

探偵業界で勝負するのであれば

ガルエージェンシーのそういった利点は大きい

と思います

ただ

もっと洗練する余地もあるだろうし

レベルアップの必要もあるから

まだまだこれからだ

探偵業法にもある通り

従業員の教育もしっかり行い

高度な調査能力のあるグループにしていかねばならない

ガル探偵学校はその基礎でもある

だから

目的は何であれ

真面目に探偵業務を学ぼうという姿勢

それは大切だ

今月も全国各地のガル探偵学校で

学校説明会があります

わからないこと、疑問に思うことがあれば

担当が困るほど

どんどん質問してやって下さい(笑)

でも

学校を卒業すれば番長の所で働けるのか?

そういった質問はNGですよ

それは番長が決めることだからな

じゃ、また