貴方はどれだけのラブホテルを知っていますか?

番長は三重県内や名古屋のラブホテルの

ほぼ全てを知っています

ビジネスホテルも同じです

場所だけではない

駐車場がどうなっていて

フロント付近がどんなので

どこから出てくるか

といったことまでだ

探偵になる以上


徒歩で入室する型のラブホ
 ※東京の道玄坂に多いタイプ

車で入って駐車場に停めて入室型のラブホ
 ※地方ではこのタイプが主流

シャッター付きのそのまま上がるタイプ
 ※探偵泣かせのタイプだが、これも多い


最低でもラブホテル建設のパターンってのかな

そう多くはないから

どういったパターンのラブホテルなのか

対象者が入った瞬間に判断できるレベルの

スキルが必要です

そして、次に

張り込み位置の特定をスムースにする

今はどこのホテルも監視カメラが多数設置されており

ラブホテルの駐車場内を探偵の車がうろうろし

ホテルの従業員に怪しまれる

そんなお粗末なことではお話しになりません

ちょっと変わったラブホテルを発見したら

まず入ってみる

当然、フロントまで

で、確認したら退散

新しいビジネスホテルなどが建てられたら

まず入ってみる

可能であれば客室まで行ってみる

専用のカードがなければエレベーターに乗れない

そんなホテルも少なくないからです

本番の調査で困るくらいなら

何もないときに知識を入手しておく

こんなの探偵であれば当たり前にように

行っていなければならないことです

「ラブホに詳しい」

他人が聞いたら笑えるようなことですが

探偵にとって

非常に大切なことなんですね

常にプロ意識を持って行動する

普段からの予備知識が

あなたの探偵人生にとって

大きな財産になることでしょう

それはラブホに限らず

どんなことにおいても共通することです

引出しの多い探偵になりましょう

苦手なことのない探偵になりましょう