以前から公言しているのですが

番長は

ヤフーとソフトバンクが

とっても嫌いです

理由は様々あるのですが

とにかく嫌いなのです

そんなソフトバンクが

また怪しいことを始めた

電波状態が悪いとの悪評を

なんとか一時的にでも静めようと

基地局を倍増するとかなんとかで

ホームアンテナ(?)を配布する

キャンペーンを始めた

やり方は彼らのいつもの手法

腐るほどある代理店に

これまた星の数ほどいる営業マンに

なんとしてでも基地局を増やすよう

強烈にプッシュ

全国のお店にアンテナを置く

営業活動を行わさせている

営業マンが貰える報奨金は1件につき

5,000円

これはソフトバンク直の指導か

代理店の責任で行っているのか

よくはわからないけれど

基本条件はiPhneを持って営業すること

何故iPhneかというと

発売してすぐに問題となった

側部を強く押す(握る)ことにより

電波状態が悪くなるという

欠陥を営業に利用するのです


「ほら、電波状態は少し悪いですね」

「今なら無料でアンテナを設置できます」


この営業トークが日本全国で

今現在も

繰り返されているのでしょう

6万から12万局へ

基地局を倍増ということは

6万局×5,000円=3億円

それに器械代がいくらか

大きなアンテナ塔をいくつも

建てることから考えれば

めちゃめちゃ格安で

インパクトがある作戦であるのは

アホでもわかる

ただ

しょせんホームアンテナだから

設置した施設内だけの範囲なので

移動しながらの電波状態が

何らかわることはない

ソフトバンク代理店からの

くどいくらいの営業電話も迷惑だ

ヤフーBBフォンから始まった

そんなやり方がどうであるかなんて

番長ごときが判断する立場ではない

それでも

嫌いなものは嫌いなのです

20台近くの携帯電話を

契約していますが

ソフトバンクだけは

いくら通話料がタダと言われても

契約する気になれません

だけど

営業結果を確実に出しているから

利用者に支持されているんだよな

その温度差は

義理堅い昭和気質の番長と

商品だけを判断する

平成生まれの若者との違いかね

まあ

それはそれで

面白いんじゃないかな