普段は日に2回も更新しないのですが

今回の不倫トラブルについて

不貞行為立証のスペシャリストである

一人の探偵として一言

裁判所


麻木さんは大桃さん夫婦の関係を


「すでに結婚生活は終了していた」

「離婚届を提出するタイミングだけの状態」


と聞いていた

だそうな

会見にも超大物の弘中惇一郎弁護士も同伴


「既に結婚生活は終了している状態だった」

「最高裁でも判例が出ている」

「婚姻生活が破たんしている場合には」

「不貞とか不倫に当たらない」


とフォロー

依頼者の権利を守る弁護士としては

当然の発言だろう

解説すると

ここでいう最高裁の判例とは

平成8年3月26日に最高裁判所が下した


配偶者が第三者と肉体関係を持った場合でも
その夫婦関係がすでに破綻していたときは
特別の事情がない限り
相手方は不法行為の責任は負わない



これを指します

それまでと比べ画期的な判断で

注目された判例だったのでよく覚えています

そして

この判例は

番長たち探偵が浮気調査を行った結果の

裁判でも頻繁に用いられます


「夫婦関係は破綻していた」

「最高裁の判例もある」


正直なところ

耳にタコができるくらい聞いた台詞です

ただ

これを主張するのであれば

何らかの客観的な事実を示さねばならない

たとえば

第三者を通じて離婚協議が行われていた

双方が同意の上、既に別居中だった

などという事実です

そして、その判例があると同時に

昭和54年3月30日に最高裁は


夫婦の一方の配偶者と肉体関係をもった第三者は
故意または過失がある限り
右配偶者を誘惑するなどして
肉体関係を持つに至らせたかどうか
両名の関係が自然の愛情によって
生じたかどうかにかかわらず
他方の配偶者の夫または妻としての権利を侵害し
その行為は違法性を帯び
右他方の配偶者のこうむった精神上の損害を
慰謝すべき義務がある



と判断しています

麻木さんの会見からすれば


1.麻木さんは相手が既婚者だと知っていた

2.夫婦関係は破綻していると聞いていた

3.離婚届を出す時期だけだと聞いていた

4.実際、大桃さんは離婚した


ということになります

ただ

その事実を示す証拠的なものは

示していないことにより

もしかしたら

その不貞行為が無ければ

離婚はしていなかった可能性もある

という論理も成り立ちます

実際に大桃さんはツイッターで

恨み的な言葉をつぶやいていましたので

芸能界という事情はあるにせよ

その不貞行為により

心が傷ついたのでしょう

訴訟になれば

破綻していたとの立証義務は

麻木さん側にあります

しかしながら

不法行為における損害賠償請求の時効は

その事実を知ってから3年ですので

訴訟にはならないでしょうし

なったとしても

時効を主張するだけの裁判では

訴訟の意味すらなくなってしまいます



日本は法という秩序に守られた

法治国家であります

でも、個人的に言えば

それ以上に大切な道徳というものが

あると信じています


貴方ならどう判断しますか?