普段は

あまりTVに興味がないのですが

昨日はええものを見せて貰った

そう思えた

ボクシングの亀田興毅

フィギュアスケートの安藤美姫

そして

漫才の笑い飯

番長は探偵なので

その全てのジャンルで素人

詳しいことはわかんないけど

いろいろあったけど頑張った人達に

勝利の女神が微笑んだということと

なんとなく日本人の良い所が

共通して感じられた

巨人の星


でもって

大桃美代子さんは

夫婦関係に不安を感じた時

安心する為にという理由でええから

探偵を雇ってでも

旦那さんの素行調査を

しておけば良かったかな

酒井法子さんは

大学に通うもの大切だろうけど

病院にも通って

ちゃんと治療しておかないと

これからが大変だろうな

小沢一郎さんは

静かに引退させてあげよう

国会を遅らせてまで

こだわるだけの物は

もう出てこないでしょ

だめオヤジ


そんなこんなで

2010年は

草食系男子だとか

肉食系女子だとか

どうでもええような話題で盛り上がり

空前の婚活ブームでもありました

そして2011年

番長は男性の売り手市場になる

と予測しています

この不景気がそうそう回復すると思えず

女の子がする高額アルバイトも

軒並み壊滅状態

都会で1人暮らしをする女の子にしたら

こうなった以上

永久就職=結婚

と考えてしまうのも

無理がないところ

ということで

以前ならキャバ嬢などに

見向きもされなかった

イケていない男でも

ちゃんとした職にさえ就いていれば

チャンスがあるということに

ただ

我慢ができない

我慢をする必要がないと考えるのも

今の若者の共通点

悪い部分が出尽くしたアメリカ経済が

来年の春くらいから

上昇してくるだろうから

1〜2年遅れて日本の景気も

それなりに上昇してくる

そうなれば

今の旦那(奥さん)に我慢する必要など

皆無とばかりにすかさず離婚

日本の離婚率はさらに上昇

バツイチ、バツニ

というのが当たり前になって

必然的に

性に対する貞操観念も薄れていく

離婚によって生産性が上がることなんて

ほぼ無いことから

通常なら回復していく景気も

精々頑張って横ばい

今まで文句の言わないイエスマンだけが

取り柄だった日本が

一人前に自己主張するようになって

世界の置いてけぼりに

なんてことになってしまうのかなぁ



アカン・・・アカン・・・

景気の悪さにつられて

ついつい愚痴っぽくなってしまう

日本人が初心に戻って

自分の器でできる仕事を

それぞれが頑張れば

実は

すぐに景気なんて戻るのだ

体を使ってする仕事の良さを

思い出すだけでええんよ

外国に拠点をもつ日本の企業の多くは

日本人の勤勉さをよく知っている

リスクを含めた費用対効果を考えれば

やはり日本人なのです

働くことの大切さを

今一度考え直す年

2011年がそんな年になれば

2012年は活気のある正月に

なるに違いない

少なくとも番長は

そう思うのです