バックアップ用のHDDが

理由もなく壊れた

PCが生きていたから問題は無かったが

何故、バックアップ専用のが・・・

形あるものはいつかは壊れる

といいますが

バックアップ用のHDDの保険に

さらなるバックアップHDDの保管では

どんなだけやねん

と1人で突っ込むしかない

さて

今年の年末は

芸能界のショボイ事件は別として

これといった大事件が起きなかった

なんて思っていたら

東京と福岡で大勢の方が亡くなるという

悲惨な交通事故が連続した

おっと

番長の事務所のある三重県でも

亀山市で何人ものフィリピン人が

亡くなられた

以前から書いていることですが

交通事故には三種類しかありません

・自分に過失がある

・相手に過失がある

・双方に過失がある

どんな状況であったとしても

運転するのは人間です

車が人を乗せるのではなく

人が車を運転するのです

得に東京の事故は

20才の若造が無理な追い越しを繰り返し

挙句、大事故に・・・

いくら運転が上手いつもりでも

たかが免許を取って2年の小僧

9才の子供をはじめ

被害者の方々とその遺族は

理由が

「調子こきすぎた」

では浮かばれんぞ

番長は探偵という職務上

尾行調査を伴う

特殊な運転をすることの多い仕事だから

車両の運転には非常に神経質だ

それがどんな状況下であっても

事故った瞬間

失うものが多すぎるからです

当然

社員には100%の安全を確保しながら

任務にあたるよう指導している

ただ

それでも事故は起きてしまう

それはどんな時が多いかというと

尾行に無関係な

現場への行き帰りや

プライベートな時間がほとんど

ということは

運転への集中度や注意力が足りない時

事故は起き易いということになる

今更、説明するまでもなく

誰もが知っていることなのですが

つい、うっかり・・・

ということなのです

誰しも

事故を起こそうとして運転する者はいない

だからといって

無謀な運転は

許容されるものでは決してない

師走に亡くなられた大勢の被害者には

ご冥福を祈るしかないが

こういった事故を知って

教訓とし

己の馬鹿さに気づき

1人でも無謀運転をする人がいなくなれば

良いのであるが

いつの時代も

どこの土地でも

車の性能を自分の技術だと過信する

アホがいるものです

そういえば

数年前の大晦日の夜

信号待ちをしている番長の車に

追突したガキがいたっけ

大晦日なのに事故で

救急車に乗って病院行き

どんなに気を付けていても

後ろから来る車を

避けられへんがな

怒り狂った番長を見て

道路上で土下座をして謝っていたが

遅いっての

怪我そのものよりも

人生に一度しかない

二度と取り戻せないその年の大晦日を

台無しにした罪は

万死に値すると思うが

人身事故を起こせば

どういった償いをしなければならないか

身を持って知ったことだろう

そして

これだけ交通事故が頻発している中

任意保険の加入率は

80%程度

低い県では50%台のところさえある

正直

ありえへんと思う

年金やNHKの受信料支払を

基本強制してるんやから

自倍責保険をもっと高くして

被害者に保証できるよう

法改正してもええのと違うかな

その代わり

車検をもっと簡素化して安くするとか

期間を伸ばせばええやん

今の車はそんなに故障せえへんって

高速代が1,000円とか2,000円とか

順序が逆やないのかな

大晦日が近づくと

その時の事故を思い出し

大晦日には外出したくなくなる

それも一種のPTSDやないかな

今でも首が痛いし・・・

考えていたら

また憂鬱になってきた

加害者は忘れても

被害者は忘れられへんのよ

皆さんも

事故には十分気を付けて

良いお正月を迎えて下さい



PS...

年末にたくさんのお歳暮を頂戴しました

贈って頂かれた方

ホントありがとうございました

感謝以外の言葉かみつかりません

嫌なことも多いけど

人間ってええなと思うことも

たくさんあります

まだまだ若輩者の番長ですが

受けた恩は決して忘れません

万が一、何かでお困りになった時は

遠慮なく気軽に声をかけて下さい

白スーツ