リーマンショック

トヨタショック

小泉純一郎

この不景気の原因が何にあるのか

色々言われています

そんな中

番長が思う不景気の元凶は


「恥という言葉を知らない人達」


だと思っています

弱者を装って

何かに寄生して

窃取し続け

さもそれが当然かの如くの考えの人達

それまでは

さして目立つことはなかったのだが

不景気が長引き始めた頃から

徐々に目につくようになってきた

そして

そういった人がいかに多いか

国民が気づいた

当然、思うのは


「真面目にやっているのが馬鹿らしい」


自然に

モチベーションが下がる

下がりはじめたモチベーションは

広範囲に蔓延

賢い生活を送るという言葉に

カモフラージュされ

安く買う

セコく生きる

こんなことが美徳のように報じられた

最初は一部の人だけであったけれど

生まれかけようとした消費も

人間なら誰しもが持つ

妬みといった感情からか

消費しない症候群が増殖

その裏側で

頑張るくらいなら

他の何かに期待したほうが楽

頑張るくらいなら

働かない

汗水流す努力をするくらいなら

その労力を他人を騙すことに使う

そういった輩が増えてしまった

結果

日本に元気がなくなるという

悪の連鎖が起き

景気が下がり続けるというより

どんなに頑張っても

上がらなくなってしまったんだ

何を恥じるかは

個人の価値観にもよるけれど

番長は

恥を恥だと思わなくなった瞬間

人間は終わりだと思う

決して弱者切り捨てではない

弱者こそ恥を最も知る人達だからです

恥という言葉を知らない人達は

とかく他人のことばかり言う

もっと悪い人がいる

あの人達よりはまし

とかく何かに責任転換する

政治が悪い

管理体制が悪い

家幼少からの庭環境がいけなかった

番長の知る限り

本当の弱者の方々は

そんなことを口にすらしない

今までの人生の中で

普通では考えられないくらい

様々なことがありました

時には横道に逸れたり

何かに逃げたくなったことも

だけど

挫けたり

いじけたりだけはしなかった

他人よりほんのちょっとだけ頑張ろう

3年は頑張ろう

3年できたのだから5年できるだろう

気がついたら10年

10年できたのだから今やめたら

今までの苦労が水の泡

そんな感じで今までやってきただけで

頑張ったのは

やっぱり

ほんのちょっとずつだけなんです

今年もそうだだったし

来年も同じ

他の人よりほんのちょっとだけ頑張る

それもこれも

恥ずかしい生き方だけは

したくないからなんですよね

365日ある1年に1つくらいは

何か新しいことを始めたいと

そんなことばかり考え

ラジオ番組を始めた頃を思い出し

生意気だなと思いながらも

書いてしまいました

radio1


redio2


redio3


redio4


あと1日したら

新しい年が始まります

来年も

何か1つくらいは

新しいことを始めたいと思っています

番長にしかできない

そんなことよりも

番長だからこそできること

また

決まりましたら報告しますね