ダルビッシュと紗栄子の離婚条件の話し合いで

ダルビッシュ側から

慰謝料1億円+子供二人の養育費が月100万円

それに対し、紗栄子側からは

月1000万円の養育費(※慰謝料なし)が提示されているとかいないとか

そもそも

養育費の算定基準とは何ぞや?という話からですが

簡単に言えば2通りの方法から算定されると考えてください

まず

子供にかかる費用の父親分である1/2の負担

一般の方はこれで決めることが多く

子供に月7万円かかるとして

片方の親の負担分である1/2の3万5千円を負担するというもの

子供が2人であれば×2というのではなく

使いまわしができる分や食材費なども考慮して

2人であれば1.5倍とか2人で5万円とか

そういった計算になります

裁判所が出している算定表もあり

これを参考に決めることもあります

それとは別にもう1つの考え方である

子供が別れた親と同レベルの生活をする為に必要な金額

高額所得者の場合は

こちらを取ったほうが金額が大きくなるので

算定法は極めてアバウトになりますが

紗栄子と同様、それを根拠に請求するわけです

そこで、ダルビッシュ

今年の年棒は5億でしたか

それだけでも凄いのに

来年からはメジャーで15億?

とんでもない金額なので

紗栄子のいう月1000万の養育費も真実味を帯び

あながち滅茶苦茶な話しでもないわけなのです

しかしながら

成人するまでに24億にもなる大金だし

サラリーマンのように定年まで働ける保障はなく

いつまで働けるかもわからない

とにかく

不安定要素は満載なので

裁判になって裁判所がどう判断するか

見ものといえば見ものです

片や会社員と離婚して月3万円の養育費

それも最後まで払って貰えるかわからない

片や子供2人で月1000万

贅沢三昧をしても死ぬまで働く必要はない

結婚する相手が違うというだけで

これほどまで違うのは

不公平すぎる話しなので

庶民からはブーイングが起きるのは自然の流れかも

まあ

長い人類の歴史でも

古来から男は

どれだけ獲物を捕ってくるくるかで価値が決まる

その現代版が収入ってことです

悲しいかな

文句があるなら働いて稼ぐ

男にはそれしかないわけで

女は自分で稼ぐか

稼ぐ男をみつけるかのどちらか

それが現実なのですね

それを自分にあてはめてみると

働くのは、いくらでも働きますが

いかんせん、特別な才能もなければ

頭脳もそんなによろしくはないので

普通にしか稼げません

ということで

オスとしての価値は並ってとこです

raion