友人の嫁はあっけなく見つかりました

というよりも

彼女には端から逃げるという意図はなく

彼と話しをしても堂々巡りになるだけとの思いで

自分なりに計画をして

新しい生活を始めただけだそうです

《気持ちの切り替えが早い》

女性によくある傾向だと言われますが

気持ちが固まったのであれば

できるだけ早い時期に切り替えるべきだし

いつまでも引きずっていても

前に進めない

今回のケースではそれと併用して

《母は強し》

といったところでしょうか

とにかく

10年以上も生活を共にしていたのだから

情がないといえば嘘になる

子供のことを思い辛抱し続けてきたけれど

ふと、自分の人生を考えた時

どうしようもない悲しい気持ちにになり

よくよく考えた結果

意を決して

この選択をしたというのが事実です

番長的には

友人のことを悪くは言いたくないけれど

「男がいるのか?」

という言葉を聞いたとき

この残念な結果になった原因や過程がわかったような気がしました

今まで彼が幾度も繰り返してきたであろう

思いやりのない言葉

今回も言ってしまった後に大きな後悔をしたのは

彼の表情から読み取れましたが

人の性格というのか性分は

なかなか変わるわけではなく

庇えば、「ついつい」という表現になるのでしょうが

相手にしてみれば「またか」と受け取るのは当然で

彼が仕事が続かないのも

問題の根底は同じじゃないかのかと思いました

そして

「男がいるのか?」

という言葉を聴いた時の彼女の悲しそうな表情は

彼に後悔の気持ちをよびおこし

反省させるのに十分なものでしたが

素直に「ごめん」と謝ることがなかったのは

彼のプライドなのか何かわからないけれど

せめて彼に

友人の前でも何憚ることなく

「ごめん」と謝れる勇気があったとしたら

こんな結果にはならなかったのではと思うのです

ただ

決して彼は根本から悪い人間ではない

それがわかっていたからこそ10年以上も

彼女は辛抱したのです

この後、2人がどうなるのか

番長が口を挟むことはありませんが

もしこのまま離婚という選択肢を採るのでであれば

腐ることなく

最低限の父親としての役割は果たして欲しいと願うだけです

探偵として

一人の人間として

いままで同様の話しを数え切れないほど聞いてきました

中には

嫁のほうが圧倒的に悪いこともあります

舅姑といった問題が関係していることもあります

そんなこと全てをひっくるめ

最後の最後に

自分の人生は、まあまあだったと

後悔だけにならない人生であれば

それはそれで

1つの人生、生き方だと思うのです

さて

今回の結果はいかに?

番長の知る由となるのであれば

又の機会にお知らせしましょう

母子