ドラマや小説、そしてアニメなどで

「探偵物」と呼ばれるジャンルがあります

そこでの探偵は

派手なカーチェィスや大立ち回りなどがあって

事件などを解決していくのですが

そこは、やはりフィクション

探偵からすれば探偵業法違反ともいえる行為が満載

まず大切なのは

いくら探偵の業務上であれ

必ず法令は守らないといけないということです

特に目につくのは

「不法侵入」

正当な理由がないのに人の住居などに侵入するということですが

探偵の調査が正当な理由に該当するかといえば

決してそうではないのでNGです

次に

「盗聴」またはそれに該当する行為

本当の探偵なら絶対にやりません

もし発覚したら即、廃業に追い込まれる愚かな行為だからです

そして

実際の業務はほとんどが民事事件の内定なので

刑事事件に関与する機会は多くないのですが

探偵の役割は、これも内定

証拠を収集したりするだけですから

探偵がしゃしゃり出て刑事を尻目に事件を解決

なんてことはないのです

tantei


一昔前なら

「探偵物語」の松田優作さんに憧れたり

「俺たちは天使だ」の沖雅也さんに憧れたりして

ハードボイルド型の探偵像が主流でしたが

最近はちょっと変わってきて

いわゆるオタク系の方や普通の会社員といった方が多くなりました

と同時に

女性の進出も目立つようになり

最近のドラマ「ラッキーセブン」での

北品川探偵事務所ですか?

そこの7人社は

代表者が女性

調査員が男3、女3の探偵社でした

それが理想的なバランスなのかは別として

女性と男性の特性を生かした調査をするってのは

今の時代には必要なことなので

まあ

採算ベースが合うようであれば

それもアリかな・・・と

とりあえず断言できるのは

探偵という仕事が好きではないと続かない仕事です