大津市で起きたいじめ自殺事件から

探偵社に寄せられるいじめ相談事案について

各メディアの方々からインタビューが来くようになりました

数字やデータが欲しいというものから

具体的な相談内容まで様々です

そんな中

探偵社の行ういじめ調査の主な内容としては

いじめの実態調査をはじめとした

刑事事件として立件可能となるべく証拠収集

これが基本です

依頼者さんによっては

「今のところ刑事事件までは考えていません」

という方もいますが

こちらはプロの探偵ですので

調査報告書の使用目的がどうであれ

大人が行えば違法行為・犯罪行為となるものが

子供だからという理由で

「いじめ」という言葉で済まされるものなのか

ということもあって

後々のことを考え、しっかりとした資料にするようにしています

先日書いた性善説と性悪説ではありませんが

こと「いじめ問題」に関しては

性悪説を元にし

考えられた方が良いんじゃないかと個人的には思います

正直

これだけ薄汚い大人ばかりの世の中ですから

子供が綺麗に育つ方が難しいんですよ

子供の世界ながら

社交術を身に着けていくと

必ずそういった問題にぶちあたるわけで

自分の身を守るために

自分の立ち位置を確保するために

どういった手段を選択するかは

大人も子供もそう大差ないんじゃないかな

と同時に

これまで何度も繰り返し書いてきましたが

教員のレベルと道徳心の低さ故

学校には何の期待もできないという事実から

自分の子供は自分で守る

それくらいの考えじゃないとダメなわけで

だからこそ

探偵社に寄せられるいじめ相談が増えているのです

難しいことはともかく

いじめの中に違法行為・犯罪行為が含まれれば

それはもう刑事事件である

これが番長のスタンスです

redio3