浮気調査を依頼される夫婦の男女比が

50:50になったというのは繰り返し書いてきましたが

今回は昔ながらの浮気調査の定番

浮気夫の調査を依頼される奥さんのお話

目的はおおよそ5つになります

[ズГ靴読廚ら慰謝料・養育費・年金分割を得る

⇔ズГ靴読廚醗人から慰謝料を得る
 ※無論、,汎瑛諭⇒椣虍顱η金分割も

NズГ靴覆い念人から慰謝料だけ得る

せ実は知りたいが、今は何もしない

ノズГ皸崋嬶狙禅瓩發靴覆い、愛人に夫との接触を禁じる

他にも目的はあるでしょうが

この5種類が主な目的となります

依頼された調査任務を遂行するのが探偵の務めですので

ぐ奮阿量榲では

その後の解決を弁護士に委任するというのが

最もオーソドックスな解決法となります

実際

素人対応にならないよう

また、脅迫や強要といったことにならないよう

信用のおける弁護士さんに依頼するよう勧めています

そこで

´△亙杆郢里気鵑寮賁臺野ですので

相手の経済状況や諸事情によって慰謝料は異なるものの

大きな問題はありません

不貞の事実がある限り、離婚はほぼ認められます

イ砲いても

不貞の事実確認がなされていることを内容証明で送り

念書なり公正証書にしておくことで

いくらかでも気が休まることになるでしょう

弁護士費用も比較的安く済みますが

2人が2度と会わないと断言まではできません

残るはイ砲覆蠅泙

日本の法律では基本的に

共同不法行為の不真正連帯債務として

不貞相手にも慰謝料請求が認められています

ただ、このケースでは

不貞の全責任の所在が女にあると断固して譲らず

法外な慰謝料を要求する傾向にありますので

認められるであろう慰謝料との差に開きがあり

弁護士さんとしては少々やっかいな案件かもしれません

そもそも

愛人との間にどのような経緯があったにせよ

婚姻関係にある夫が

「結婚しているから」と不貞関係になるのを拒めば

このような問題にはならないという論理も

一定の説得力があると理解し

冷静に判断してくれるよう願うばかりです

それと

これはあくまで私見ではありますが

年下の男性と結婚した女性は

を選択する傾向が多いようです

と同時に

年上の女性と結婚した男性が不倫をする場合

高い確率で”かなり”若い女性とという傾向があります

さて

次は

夜までに時間があれば

不倫妻への夫の対処法

を書くことにしましょうか

時間がなければ

明日にします

そんなことで

また次回

yahashi