さて

予告したとおり

今度は浮気妻の調査を依頼される旦那さんのお話

これがまあ

探偵もビックリするほど増えて

ひょっとしたら

否、ひょっとしなくても

男女比が逆転してるだろという勢い

で、浮気調査を依頼される方の目的としては

これはもう、完全に2極化しています

.ッパリ離婚する
  妻と間男に慰謝料請求

∪簑个卜ズГ覆鵑討靴覆
  間男だけに慰謝料請求する

女性の中には一定の割合である

”何もしない”という選択肢はほぼありません

そして

△鯀択したとしても

最終的に離婚となるケースはかなり多いです

経済的な理由もあるでしょうが

男の方が独占欲が強く

プライドも高く

嫉妬深いという傾向があるからかもしれません

そんな中

あくまで一部と信じたいですが

弁護士の手法となっていると思える

DV被害に話をすり替えるという方法が

依頼人の感情をさらに逆撫でしている現状があります

浮気をしたのは(精神的なを含めた)DVが原因

浮気が発覚した後も、DVが行われた

と主張されるのです

なので

不貞が発覚するに至るまでもそうですが

浮気調査を行って

不貞の事実を確認した後の対応も

かなり用心して行う必要があります

話し合いは100%録音されているつもりで

こちらも録音する覚悟を決める

絶対に

声を荒げない

手を上げない

無視をしたら精神的DVとされる可能性があるので

録音した上で、通常の会話を心がける

などなど

ただ

暴力的な夫

精神的に追い込む性格の夫

というのが多いのもまた事実で

それが原因で今の状況になったという経緯もあります

話しは戻って

妻の浮気に対する夫の対応傾向としては

特別なケースを除いて

間男よりも妻の非に比重を置くことが多い

というのがあります

考え方を変えたら

それだけ妻の不貞を許さないということです

そりゃ

離婚になってしまいます

また

「こんな淫乱女に子供を任せられない」と

親権を主張される旦那さんも増えました

ただ

完全に諦めることはありませんが

不貞と親権問題は別と考えられることが多く

通常では夫に親権が認められることはありません

きちんと子供の事を考え

状況を整えることが先決です

繰り返しますが

方法はあるので諦めることはないです

そして、そんな浮気妻が選ぶ男の傾向としては

テレビや小説であるような

若い燕(ツバメ)と遊ぶといったケースは

実際にはあまりなく

同年代か年上が多いですね

出会い系サイトが氾濫し

SNSといったものが市民権を得た今

そのような場所では

女性上位、女性優位の世界が確実に存在します

それも女性の不貞が増えた原因の1つであるのは

言うまでもないでしょう

ということで

番長の提案としては

夫婦別姓でもなんでも良いですが

そんなことよりも

男も女も

2万%、一生一緒に生きて行くという覚悟や

そういう望みがない相手とは

結婚なんてしない方が良い

という結論になるのです

なので

悲しいことになりますが

今の晩婚化や結婚しない男女が増えたのは

時代の流れで

致し方のないことだと思っています

少子化も同じくです

では

また

次回

今日のところは

さいなら

redio4