先日、警視庁が主催する

探偵業へ向けての講演会に参加してきました

探偵


なかなかの盛況で会場はほぼ満席

そこで説明があったのですが

なんでも

東京都内だけで探偵社が800社ほどあるそうな

その大半は1人でやっているだけの

下請け的な探偵社でしょうが

そんなにあるとは・・・

それはともかく

探偵業法担当の警察官曰く

最近は

詐欺事件などに遭った被害金を返還させると

調査を名目にさらに詐欺をする探偵社が増えたとか

また

探偵社の名称についても触れられており

○○士などといった士業は

正当な国家試験を経て与えられるべき名称であり

調査士や探偵士といった文字を

社名に入れている探偵社があるが

消費者保護という目的を鑑みれば適当ではない

ということでした

詐欺にあった被害金を取り返すのは非常に難しく

個人が行った詐欺ならまだしも

組織で行ったような詐欺被害金を返却させるというのは

実質不可能に近く

また、探偵がそのような行為を行う事自体

弁護士法違反に抵触する可能性もあり

ほぼ詐欺なので、気を付けて下さい
 ※個人的には100%詐欺だと思う

調査士や探偵士といった呼称も

長らく探偵をしている私ですら

何のことやらわからない名称であり

警視庁の担当と同じく

お客さんが国家資格だと間違えることはあっても

何1つ有益な呼称ではない為

ありえないと思います
 ※番長という呼称とはわけが違う(笑)

まあ

何だかよくわからないですが

探偵業界にいても

気がつかないことも多々あって

いくら業界の健全化をうたっても

卑怯や詐欺まがいの行為が繰り返される

本当にドロドロした業界であることは間違いありません

そんな風に考えると

探偵を利用される方にとって

どの探偵社に依頼するかは

非常に大切なことで

料金や事務所の場所もありますが

真っ当な探偵社を探して依頼しないと

とんでもないような目に遭う可能性があります

賢明な判断をしてください

yahashi