チマチマと事務仕事をしていたら

また4時だ

この癖を直さないとな・・・

さて

シャブの使用を認めたASKAさん

ASKA


ASKAさんが奨めたのか

彼女から奨められたのか

それとも

交際が始まった時点で2人ともシャブ中だったのか

それは今後の取り調べで明らかになるとして

愛人とのキメセクを楽しむカップルは多いけれど

必ず代償を払うことになる

一種、異様で陰々とした秘密の共有をした男女は

シャブという繋がりの中

気持ちが悪いほどの結束を持つ場合が多い

否、結束という錯覚を持つことが多い

けれども

酒井法子さんの場合もそうだったように

2人でやると

1人が捕まれば、高い確率でもう1人も捕まる

逮捕の可能性も倍になるのだ

まあ

あれだけ証拠を揃えられたら

白状するしかないのであるが

本当に反省の心があるならば

入手ルートを含め

洗いざらい白状するべきじゃないかな

そこをうやむやにする理由は

心の底で

出所後のシャブの入手ルートを担保している

と受け取られても仕方がないし

実際、それが本当のところだろう

シャブで逮捕された芸能人の多くは

六本木の外人から買っていたが誰かは知らない

と言うが

99%、そんな訳がない

受け渡しはそうであるかもしれないけれど

確かなネタ元があり

そこから流れている

暗黙のルールを守りさえすれば

出所後の芸能界復帰は可能

そう思い込んでいるのでしょう

とことん自分に甘い

シャブに溺れる人間の共通した性質です

だから繰り返され

また芸能界から

新たなシャブ中が生み出される

アンナカについては過去に何度か書きましたが
 ※2008年10月06日コラム2013年10月09日コラム

説明するのもアホらしいほどの

キメセクで典型的なシャブの混ぜ物です

家族に迷惑をかけたと反省するなら

全て洗いざらい白状するのが

まず、今できる贖罪じゃないかな

シャブと縁を切るのは

そこから始めないといけないです