普段は基本、ゆとり世代がどうだとか

あまり考えるようなことはないのですが

探偵の仕事をする中で

浮気調査などの対象者や第2対象者に

ゆとり世代が現れるようになって

その考え方というか

生きる姿勢の違いといったことが気になるようになってきた

思考回路の根本は

「自由」「権利」

言い方を変えると「自己愛」というのだろうか

とにかく責任感に乏しい

自分のことはとても好きなのでしょうが

相手の事になると、さほど深く考えない

結婚しても

ゆるーく、不倫をして

たとえ発覚したとしても

ゆるーく、「仕方ないじゃん」という態度

婚約者がいる身でも

その時の流れで

ゆるーく、浮気をして

婚約者との間に子供ができていたと知っても

ゆるーく、「子供はちょっと・・・」と平気で言う

それは男だけでなく

女にも同じような感覚があるように思える

自分の権利や自由なんだから

「人が人を好きになってどこが悪いの?」

という思考傾向や

「アンタがいけないからこうなったの」

「人の責任にするのはおかしくない?」


と逆ギレしたりすることは

とにかく多いです

まあ、そういった考え方の人は

ゆとり世代に限ったことではなく

昔からいるにはいたのですが

問題はその割合

かなりの確率でそういう流れになってしまいます

「義務」はとにかく軽く

「権利」「自由」については

非常に重く主張する

あくまで個人的な意見ではあるけれど

番長はそういう考えの若者はとても嫌いです

他人様の人生を左右するような仕事に携わる探偵が

義務を全うしようとせず

権利ばかりを主張するようになったら

100%、いい仕事はできないからです

聞き込みが苦手というのも

ゆとり世代の特徴でもあります

そして

探偵を目指す若者の中には

そんな、ゆるーい考え方の持ち主も多くて

そんな彼ら彼女らを

どうやって一人前にしていくのかというのは

自分の今後の課題になるでしょう

また

あくまで想像ですが

これからは、あまり考えもせず

ゆるーく生活保護

ゆるーく離婚をして

なんとなく母子家庭というケースも

かなり増えてくるんじゃないかなぁ

そんなこんなで

このままの状態で消費税増税というのは

絶対に反対です

IMG_0051