今日はガル探偵学校名古屋校での更新です

ガル探偵学校名古屋校


さて

今や総選挙といえば

googleで検索してみても

真っ先に表示されるのが「AKB48」の総選挙という

わけのわからない世の中ですが

おっさんの番長としては

やはり、総選挙といえば衆議院議員総選挙になります

前回は・・・といえば

約2年前

もう、そんなに経つんですね

懐かしい感じがするはずです

そんな選挙で

皆さんは、何を根拠に投票していますか?

公約(マニフェスト)

人柄

実績

容姿を含めた見た感じ

色々な判断材料があるとは思いますが

やはり、国を担っていく政治家です

しっかりした人格者を選びたいというのが

多くの国民が望む議員ではないでしょうか

だけれど

それを選ぶ材料が本当に乏しいというのが実情

プラス材料の紹介はされていることが多いものの

マイナスの情報はほぼ皆無

紹介ホームページなどを見ても

全てが素晴らしい人・・・・みたいな・・・・

そんな中

公職に就こうとする立場であるなら

せめて賞罰や本当の経歴くらいの公表は

義務付けるべきじゃないかと思うのです

詳細な経歴と

自分の功績でもある【賞】も示し

相当過去のものであろうと

犯罪歴を含めた【罰】も示した上で

全てを含めて国民にフェアに判断して貰う

それが小さいものであるとか

古い過去のものだから今は関係ないと判断するのは

有権者であるべきじゃないかな

でないと

正当な評価ができないでしょ

あまり詳しいことは書けませんが

昔、昔

全国の探偵社・興信所では

対象者の犯罪歴の調査というのを

普通にやっていた時代があります

それが、ある日突然

全国で一斉にシャットアウトになりました

理由は?

不明となってはいるけれど

その日とは

とある国会議員に犯罪歴の疑いが

新聞に掲載された翌日です

確かに

罪を償った人の犯罪歴を掘り返し

人格を否定するのは間違いですし

探偵社や興信所が調べられるというのも

ダメな話でしょう

でも、国を代表するような国会議員が

過去の犯罪歴を誰に知られること無く

隠したままで、さも聖人君子かの如く演説し

当選していくのはいかがなものでしょう

まず

それをネタに糾弾するのはどうかとは思うけれど

個人的には

そういったマイナス要因を含め

投票の判断基準にしたい部分はあります

個人情報保護法がるとはいえ

情報化が進んだ今の時代

なかなか完全に隠し通せることではないかもしれませんが

中には「ええっ?」と思えることがありますよ

また

大阪では公務員に刺青の有無を

自己申告させたという問題がありましたが

たとえば

服を脱いだら全身、刺青だらけ

倶利伽羅紋々の入った国会議員がいたとして

その公表はどうでしょう?

プライバシーの問題だから問題ない?

政治家の資質や能力とは無関係?

個人的にはそんな人ばっかりだったら困るけど

拉致担当大臣とかには

ド迫力で睨みが利く

交渉達者な人にやって欲しいと思う部分がありますが

皆さんは、どうかなぁ。。。

とりあえず

それも知って

じゃあ、投票しないという人がいるでしょうし

そんなの関係ないとする人もいるでしょう

それを含めて判断するのが選挙じゃないと

おかしいと思うのです

選挙に当選しただけで

税金から多額の報酬を得る立場になるってのは

そういうことだと思うけれど

それも差別で

プライバシーの侵害で

許されないことなのかなぁ