先日書いたコラムの

「金八先生の功罪」「不良グループに巣食う悪魔」

を読んでかどうかは知りませんが

川崎で起きた中一殺人事件に関連して

名古屋のテレビ番組から

いじめや子供の素行調査についての取材を受けました

探偵での経験を元に

いつもと同じように思ったことをコメントしただけですが

どれだけ考えても

やっぱ

いじめや非行に走る子供は

なくならないと思うし

少しでも減らしたいなら

まず、大人が変わらないと無理でしょ

それとは関係ないかもしれないけれど

先日、名古屋へ向かう特急でのこと

指定席の場所に行ったら

10代後半に見えるチンピラ風の兄ちゃん2人が

前の座席を後ろ向きにして

2人が前の座席に足を投げ出してたんです

しかも、こともあろうか

その前の座席が指定席・・・

車内はガラガラだったんで

「面倒くさいな、このクソガキ」と思いながらも

横の席に座ったところ

廻ってきたきた車掌さんが

「指定席券をお見せ下さい」

ときたもんだ

その状況と手にしている座席票から

どういうことなのか簡単にわかりそうなものですが

とにかく聞かれたので

「そこの席」と指差すと

ちらっと見て

「そうですか・・・」

とすぐに去ろうとする

ありえへんと思って

「注意しないの?」

と聞くと

いかにも嫌そうな表情

まあ、気持ちはわからんでもないので

車掌さんの代わりに

「兄ちゃん、そこ、他人が座る席やから」

「そのクソ汚い靴をどけいや」

「そんで、綺麗に拭け」

と怒鳴りつけたら

もう、車掌さん

涙目・・・・

小チンピラの兄ちゃん2名は

怖いおっさんが怒ってると思ったのか

席をさっさと拭いて座席を戻したのですが

その間、車掌さんは一切、無言

そのまま電車は名古屋に向い

車掌さんは何事も無かったように

業務に戻ったんだけれど

そういうの

どうかと思うし

川崎の事件もそういうことじゃないのかな

小さい悪を前にして

責任あるべき立場の者が

やるべきことが出来ない大人が多すぎるんよ

アホに絡まれて

巻き添えを食らうのは損というのは

誰しもが思うことで

番長が最初にガキ共に注意しなかったのは

そういった感情があったのは否定しません

けれど

番長の立場と

車掌さんの立場は違うはず

あの状況で注意しないという選択が正しいかどうか・・・

そこで車掌さんを責めるのは

その小チンピラと同じような感覚だと思ったので

代わりに注意したまでなんだけれど

いじめや非行の問題も

そういうことが関係しているんじゃないかなぁ

まあ、よくわかりません

余談ですが

もし、その小チンピラが

分を弁えずに

かかってきたとしたら・・・

当然のように

まずは、車掌さんを盾にして

暴行を受けたり、殴られるのを確認してから

シバいていたことでしょう

良くも悪くも

それが長年、探偵として生きてきた

番長のやりかたであることは

賢明な読者さんであれば

ご理解いただけることかと存じます

余談の部分は

あくまで仮定のことなので

ここだけの話しにしておいて下さい

image