事務所に来た時は上天気だったのに

帰ろうとしたら雨

うーん。。。

やっぱ、梅雨なんですねぇ

しかも今日に限ってバイク通勤なものだから

ますますテンションが

そんなこんなで

バイクついでに探偵とバイクについて書きましょう

以前にも

探偵になる為の自動二輪免許の必要性

のタイトルで書いたこととかぶる内容もありますが

バイクでの調査ができない探偵はよく

「調査は四輪で十分」

という言葉を口にするんだけれど

自動二輪での調査を繰り返し経験した結果

その言葉であれば

いくらかの説得力がありますが

やったことがない

否、出来ないのにそれは

自分の至らなさを認めたくがないが為の

負け惜しみと取られても仕方がないでしょう

嫌味とかそういうのではなく

確かに二輪だけでの調査は

張り込みが難しこともあり

あまり行わないのですが

たとえ何度かでも

二輪と四輪でのセットでの調査をしたことがあれば

失尾の可能性の低さからくる余裕というのですか

精神的に楽な調査になるのを実感しているはずです

四輪での尾行だと

周りの車の状況と併せて

信号に凄く気を使わなければなならないんだけれど

バイクにはそれがほぼ無い

そこらの車の陰に隠れながら

前の信号をうかがい

やばければ速攻でパス

止まった場合はそのまま車の陰に隠れるか

歩道にいてもOK

何なら、対象車両が左折表示している時などは

先に行って待ってても良い

本当に余裕があるのです

なので

四輪の調査班もそれがわかっているから

安心感をもって間に一般車両を挟める

認めたくなかろうが、どうであろうが

それが現実

まあ

なんぼかの年齢になって

今から自動車学校に通って

自動二輪の免許を取得し

それから、調査に耐えうる運転技術を習得するのは

しんどいとは思うけれど

厳しい言い方になりますが

それが貴方の仕事でしょ

ってことです

依頼人の為にとか

一流の探偵にとか

言葉にするだけなら

どんな探偵にもでできることだけど

現実が伴わないことには

年齢だけ重ねることになってしまうから

本気でしんどいことになってしまいますよ

DH000015_01