元プロ野球選手である清原さんの逮捕を受け


「何故、覚醒剤を・・・」


といったコメントが各界からあるようですが

覚醒剤に手を染めた精神状況や経緯はどうであれ

覚醒剤に手を出すのは


  自分の意志で

  自分ではなく他人の意志によって



この2種類しかないのです

女性であれば交際相手から無理やりとか

知らない間に飲まされた、吸わされた等といった

気の毒な状況も考えられますが

清原さんは違うでしょう

いきなり、自分でシャブを求めたというのは考えられないから

シャブ関係者が周りにいて

奨められたかなにかで

まず100%、自分の意志で手を染めたはずです

しかも

若気の至りで始めたのではなく

大半のシャブ中がなんとかやめようとする

40代にもなって・・・

その状況のきっかけをいくら探っても

あまり意味は無いと思う

週刊誌の報道から

かなりヤバイ状況であったことを理解しながら

やめ切れなかった理由は

シャブ特有の強烈な依存性とキレ目のキツさ及び

心が弱かったからだとしても

そもそものきっかけは


  興味心から

  調子に乗って



そんなところしかないでしょう

また、入手ルートについてうたわないことは

当然、そんな状況下だから

当局の手が自分に及んだ場合を想定し

繰り返し、何度も何度も

考えているに決まっているので

シャブ関係者と打ち合わせもして

万が一、逮捕された場合はうたわない

そう決めていたのと、約束もあったのでしょう

まあ

どういった刑になるかも熟知しているだろうから

うたうメリットとデメリットを考えれば

黙秘するという選択は自然なことかもしれません

ここで、まだ覚醒剤を仕入れるつもりだから

という意見は、ちょっと違うと思います

自身は今のところ

「年貢の納め時」

「終わったな」

と思っているでしょう

やめきれるかは執行猶予になって

その後のこと

とにかく

こと違法薬物については

自分の意志ではじめた場合

「何故、手を出したのか?」

そんな原因を追究しても意味がなく

逮捕された以上

どのちみ、一旦は

薬が体から抜けた状態になるのだから

二度と手を出さない

そのことに全力を尽くすしかないですよ

脳に巣食っている悪魔を抑えきれるかどうか

それだけでしょ

本当に残念だと思いますが

野球界復帰は絶望的

芸能界においても難しいでしょうから

後は、タニマチはかなりいると思うので

自分で何か起業する

それしかないんじゃないかな

個人的には

全てを洗いざらい話した上で

過去の関係を断ち切って

0からスタートした方がいいと思う

それでも残ってくれたタニマチが

支援してくれるのであれば

その財産だけは失わないよう生きて欲しい

それを考えると

刺青は痛いわな

とにかく、残念の一言です