埼玉県の河川敷で16歳男子の遺体が見つかった事件

不良グループ内のいざこざが原因とされているようですが

「いじめ」に分類される事案でしょう

いつの時代も、どこの土地でもいる不良グループ

私は繰り返し何度も書いていますが

この世には

性別年代関係なく

一定の割合で

悪党になるべくして生まれてきた人間が必ず存在します

その全てが所謂「不良グループ」に属しているかといえば

そうではないでしょうが

属している割合が多いというのは紛れもない事実

他人の責任にしても仕方がないことですが

何もなければ

ごく平穏な普通の人生を過ごしたであろう人間が

悪党に関わってしまったが為

ろくでもない人生になってしまった

という人は大勢いるでしょう

関わらなければ問題ないのでしょうが

本人の意思を含め、一旦でも関わってしまった以上

本物の悪党の悪意というのは

普通の若者が持つ能力からすれば

逃れられないと錯覚してしまうほど脅威なのです

探偵社には年間に数多くの「いじめ」に関する相談があります

一般の方は「いじめ」と聞けば

小学生や中学生、よくて高校生までの

学校内で行われるような「いじめ」をイメージするでしょう

また、実際の「いじめ」相談も

学校関係での「いじめ」が多いのですが

比べるのはどうかとは思うのですけれど

学校や同級生という枠を超えた

不良グループが絡む「いじめ」の方が

大人になっても引きずる

長期間に及ぶ上下関係が続く傾向が強く

個人的には

両親を含めた関係者は

この手の問題を、もっと深刻に考え

早期に手を打たないといけない問題であると

捉えるべきだと思います

子供がおかれている実態を把握し

必要であれば無理やりにでも引きはがす

時にはそういったことも必要となります

確かに、子供には子供なりのコミュニティがあって

大人が踏み入るべきではない部分があってしかるべしです

その境界線は難しいのですが

何かが起きてからでは遅いということは

想定しておかなければいけません

子供に聞いても

「仲良くやっている」

「友達の悪口を言わないで」

となるでしょうから

なかなか実態の把握は困難で

いじめられているのでは?と心配していたとこと

実態はいじめの首謀者的立場だった

少年窃盗グループのリーダー的地位にあった

なんてこともあり

子供の真実は大人にはわかりにくいものです

だけど、注意深くよく観察すれば

見えてくる部分は必ずあるはずです

表現に問題はあるかもしれませんが

その親自体もイカレているというケースも多く

私が調査を引き受ける場合は

子供同士の関係だけではなく

そういった部分も見るようにしています

大切なのは、中途半端な口出しは

子供との関係の壁が厚くなるだけで

実態を知らずして的外れな言葉で

口うるさく説教するのが一番ダメだと思います

redio3