高齢化が進むにつれ

予想されていたことではあるでしょうが

高齢者の運転による悲惨な事故が後を絶ちません

kourei1


こうなる前から常々思っていたのは

外車もあるので法規制が必要にはなるでしょうが

免許証を差し込まないと

エンジンがかからない車にどうしてしないのか?

ETCがあるくらいなので

それくらいなら簡単でしょう

現行車には適用されなくても

車の寿命を考えれば

10年先には、ほぼほぼその仕様の車に入れ替わる

であれば

痴呆症の高齢者による意識のない事故を防止できるし

無免許運転だって防げる

そもそも、免許証を所持せず運転するのは

免許証不携帯で違反なんだから

それくらいの不便は許容範囲なのでは?

できれば

毎回エンジンをかける毎に差し込み直す仕様にすれば

突発的な記憶障害的な事故も

一定割合で防げるんじゃないかな

高齢者の免許返上についてや

免許更新を厳しくする議論をするのは

車がないと生活できない地方にすむお年寄りや

お年寄りを敬う精神を考えると

どうかと思うので

その議論はしたくない

お年寄りに厳しい国って嫌でしょ

ちなみに

そういう決まりができて

免許証を差し込まないとエンジンがかからない車になっても

一向に困らないし

むしろ、そちらの方が安心して運転できる気がします

それでは

また