昨日、またASKAさんが逮捕されたようです

凝りもせず覚醒剤で・・・

「盗聴、盗撮されている」

「アカウントが乗っ取られた」

として、自ら110番

任意の尿検査を経て、逮捕となったとの報道

一般の方からすれば異常な言動に映るでしょうが

覚醒剤の症状を知る者からすれば

幻聴・幻覚・被害妄想はシャブ中の特徴なので

まあ

普通

よくあることになります

今回、どういう経緯にて警察に通報したのかは

よくわかりませんが

盗撮や盗聴被害を訴えるシャブ中と思われる人物からの

盗聴器発見依頼は少なくはありません

他の案件は別に何とは思わないけれど

唯一、この手の依頼だけは

何が起きるかわからないので

私が出動できる場合以外はあまり受けたくない依頼です

そもそも盗聴器や盗撮器なんてものは無いんだから

無い物は無いとしか結果がでない

それで納得してくれたらいいのですが

いかんせん、相手は頭のいかれたシャブ中

何を言い出すかわからない

ともすれば

「お前らもグルで俺を陥れようとしている」

とまで言い出しかねない

私はそんな輩には非常に強いので

何とも思わないし

納得させる術も知っているから良いのですが

調査員からすれば

調査対象や第二対象がシャブ中ということはあっても

あくまで尾行する対象という関係であり

そんな輩の対応経験が少ないことから

通常通りの真面目な対応や説明では

納得しない可能性があります

ともすれば、暴力的な言動に出てくる可能性もあって

万が一の事態には

通報すれば良いという考え方はあるけれど

いくらシャブ中とはいえ

お客さんはお客さんです

依頼人が逮捕される原因をつくってしまうというのは

ちょっと違うとも思う

なので

私が行ける時は行くようにしています

ちなみに、現在進行形のシャブ中ではなくても

過去に覚醒剤使用歴がある方の中には

この手の症状がある方は多々見受けられます

統合失調症と間違えられる傾向もありますが

統合失調症とシャブが原因での被害妄想とは

症状は似ていても、質がちょいと違います

今回、ASKAさんが探偵社などに

盗聴器発見調査を依頼されたかは知りませんが

どのみち、逮捕されることになったのは

変わりは無いでしょう

ていうか、58にもなって

ズブズブのシャブ中では

ほぼ廃人確定ですよ

今から頑張ってやめても

酒でも同様の症状がでることも多いし

個人的には完全に社会復帰するのは難しいと思います

刑務所に入って確実にシャブを抜いた上で

専門の病院でしっかり治療を受け

頑張って、日々、まともに生きる日を繰り返すのみ

それでやっと

周りから見て普通の人かなと思われる程度

酒くらいならと手を出した時点でアウト

残念ですがそれが現実です

touchou001>

  1. 前の記事: モンスター隣人
  2. 次の記事: 勘違いされがちな探偵関連のお話

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット