広島での事務所と棲み処は

広島駅のすぐ近くで

その棲み処の下にある

値段が手ごろでネタの良い

行きつけのお寿司屋さんには

外国人の外国人もよく見かけます

先日

そのお寿司屋さんのカウンターに座り

寿司をつまみに

いつものフグのひれ酒を飲んでいると

中国人観光客と思われる3人組が隣に座った
 ※ 多分、家族であろう両親+子供の3人

すると

おしぼりを受け取るや否や

お父さんと思われる男性が

「ビール」

「とろ〜」


奥さんと思われる女性も

「とろ〜」

子供も

「とろ〜」

sushi


何でトロが平仮名で「とろ〜」なのかというと

話し方が「とろ〜」の方が正しいと思うからです

そして

次からの注文も全て

「とろ〜」

「とろ〜」

「とろ〜」

なのだ

どんだけトロが好きなんだよ・・・

俺的には

ここは広島なんだから

穴子とか蛸とか小鰯とか

当然のように牡蠣とか

美味しいお寿司が他にもあるだろう

なんて思っていたのですが

とにかく

「とろ〜」

「とろ〜」

「とろ〜」

の連発

やがて寿司職人さんが

「トロは売り切れになりました」

と言うものの

日本語がハッキリ通じないのか

また

「とろ〜」

の注文に

「トロ イズ ソールドアウトね〜」

と言うと

英吾なのに意味が通じたのか

「おけ〜!アリガト」

と言い

暫くしてお店を後にしていきました

職人さんに聞くと

最近、この手のお客さんが増えて

トロを余分に仕入れているものの

注文が多い日には売り切れてしまうこともあるそうな

他の寿司も食べて欲しいけれど

お客さんの注文だから仕方がないとのこと

爆買いに続いては

トロの爆食い

お寿司が美味しいと知ってもらえるのは

嬉しいことで

それはそれで構わないんだけれど

次に来日される時には

大トロ

中トロ

くらいは覚えて欲しいですね

ついでに他のネタにもチャレンジして欲しい

と思う、今日この頃です