それまではあまり耳にすることがなかった

高齢者の運転による交通事故なのですが

近頃では毎日のように目にするようになった

今日のニュースでも

知立の有料道路で逆走事故1人死亡

との報道がありました

何があろうとも、基本

「お年寄りは国の宝である」

との考えは変わりませんが

91歳での運転はあまりにも無理があるように思えます

たいしたことがない事故であったとしても

誰一人、幸せになることではなくて

とても残念な気持になるでしょう

それまでどれだけ立派に生きてきたとしても

最後に事故を起こしたでは皆が悲しくなるだけです

たった一度の

アクセルとブレーキの踏み違いで

たった一度のうっかりで

他人様を傷つけるような結果になれば

残りの人生が懺悔

最悪、交通刑務所というのは

あんまりじゃないですか

万が一、自分の身内が・・・・と想像しただけで

ぞっとします

真面目に生きてこられたお年寄りは

尊敬されるべき立場なので

何歳になったら運転はダメというのは思いませんが

何歳であろうと

本人や周りの方が少しでも不安に感じることがあれば

車を小さいマニュアルミッション車に換え

上手く運転できないようならば

そこで免許証は返納すべきではないかな

そうすれば少なくとも踏みちがえによる事故は防げます

昔は大半マニュアル車だったことから

記憶の正しい、まともに判断できるお年寄りであれば

きっと運転できるはずです

運転をしようとしまいと

お年寄りを責めるような世の中が正しいはずがなく

国が規制をかけるのも正しいあり方ではないでしょう

その為には

お年寄り側も自分なりの努力は必要だと思います

田舎では

ミッションの軽トラを上手に乗っているお年寄りを

たくさん見かけます

安全運転でゆっくり

それを責めるような世の中はどうにかしています

ただ、そこで

何度もエンストをするようになった時には

運転する権利は失われたと

自ら判断して欲しいところです

jiko01