ぼろは着てても こころの錦〜♪

どんな花よりきれいだぜ〜♫


は昭和の歌ですが

暴力団が生活苦に集団で米を万引き

生活保護を不正受給しなければ生活できないとは

えらい時代になったもので

福祉担当課の方や万引きGメンの方は

いくら仕事とはいえ

たいへんだと気の毒に思えます

さて

いよいよ「共謀罪」が制定されそうです

政治的な話しはあまり好きではなく

ブログで取り上げるようなことではないとは思いますが

世界中で起きているテロ事件を見て

国際組織犯罪防止条約の締結に関して

日本でもしかるべき法整備が必要であるとは

誰しもが感じているところでしょう

その中での「共謀罪」

一般人には無関係と主張されているけれど

無関係なのは当たり前で

今後、実際にどう運用されていくのでしょう?

先日も

右翼団体での街宣活動で

道交法違反の共同危険行為を適用し

構成員20人全員の免許が取り消されるとの記事を見て

そもそも共同危険行為は

暴走族を取り締まる為の法律だったはず

それを右翼の街宣活動に適用する

大半の方は

「そうなんだ」

程度しか思わないことでしょうが

「共謀罪」の解釈も拡大される可能性があることから

考えすぎなのかもしれないけれど

そういうの、どうなの?

今の安倍政権は永遠に続かないでしょう

と怖さを感じてしまいます

個人的にも

安倍さんはいくらか信用できそうだけれど

他の自民党議員の中には

ろくでもなさそうな人がいくからいて

人材不足の間は否めない

そこで期待するのは

消去法で民進党になるのだけれど

党首が蓮舫さん

正直、期待値0です

他にまともな人もいそうな感じもしますが

蓮舫さんを選ぶようでは

たいしたことはないように思えてしまいます

まだ岡田さんの方がずっとマシ

地元贔屓するわけではないけれど

強い安倍政権に対抗するには

真面目過ぎるほど実直に

ガチガチの正論を主張し続ける党の方が

時間はかかるかもしれませんが

最終的には信用できる野党だと思えるわけで

人気はあったかもしれないけど

蓮舫さんにその資質は

そもそもなかったと思えることから

完全に人選ミスだったのではなかったのかな・・・

これで5年、10年は自民党が安泰で

競争や危機感の無い中で

自己保身よりも国民の利益を優先する国会議員が

どれだけいて

いたとしても

その意志をいつまで持続できるのかを考えたら

難しいだろうなと思えるので

民進党にはいくらか期待していただけに

ホント、残念

でも

現実は自民党にプレッシャーをかけられるのは

どうしたって民進党しかないわけで

それが、もっと残念

そんなこんなで

ブログの中で最もつまらなく、価値のないとされるであろう

政治のお話にお付き合いいただき

本当にすいません

では、また

saiban