混沌としてきた伊調選手のパワハラ問題

国民の大多数としては

競技に集中して欲しいと願うのでしょうが

こうなってしまった以上

何とか問題を解決してもらうしかありません

そもそも、パワハラとは?

管轄する厚生労働省の定めたパワハラの定義とは


職場のパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義をしました。

この定義においては、

・上司から部下に対するものに限られず、職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当すること

・業務上必要な指示や注意・指導が行われている場合には該当せず、「業務の適正な範囲」を超える行為が該当すること

を明確にしています。


という微妙と言えば微妙な解釈なようで

また、職場のパワーハラスメントの6類型として


職場のパワーハラスメントについて、裁判例や個別労働関係紛争処理事案に基づき、次の6類型を典型例として整理しました。

なお、これらは職場のパワーハラスメントに当たりうる行為のすべてについて、網羅するものではないことに留意する必要があります。

1)身体的な攻撃

暴行・傷害

2)精神的な攻撃

脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言

3)人間関係からの切り離し

隔離・仲間外し・無視

4)過大な要求

業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害

5)過小な要求

業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと

6)個の侵害

私的なことに過度に立ち入ること


とされていることから

告発文の内容が「真実」であれば

パワハラ行為に該当することがあったことは明白

であるといえます

で、ここで最大の問題となるのは

告発文の内容が「真実」であるのか否か

ということです

告発の代理人が弁護士であることから

告発を行えば事実関係が重要になることは

100も承知で行っているとは思います

過去の例に照らし合わせても

「このハゲー!」

で有名になった元衆議院議員豊田真由子氏ですが

告発だけでは真実はうやむやにされたでしょう

しかし

そこで登場したのが

録音データ

これを聞いた国民の大半は

パワハラの存在を一発で認知

言い訳の余地なく

あえなく辞職となったわけです

大相撲の元横綱日馬富士氏の暴行事件でも

最初は賛否両論がなされていた中

出された頭部の縫い傷を見た国民の多くが

酷い暴行があったと認知し

引退となったわけです

どちらも、大きなポイントとなったのは

動かざる事実

「証拠」というものです

伊調選手のパワハラ問題にしても

決定打となる「証拠」があれば一発終了になるのは確実



それがあるかなのですが

(杆郢里告発の代理人

であることから

そのことを十二分に理解している立場なので

可能性は大

△垢辰冏瓦い燭里週刊文春

であることから

文春の今までのやり方を考えると

録音データを入手しているならば

既に公開しているしているでしょうから

少なくとも文春側は

証拠の入手まではしていないと想定されます

ただ

実際の告発者はレスリング関係者であり

レスリング協会や競技そのものを陥れる意思は0で

あくまで伊調選手へのパワハラのみを問題とし

適切な練習環境が整う事が目的なので

女子レスリング界の闇を国民に知らせるのは

誰も得をしないことから

証拠があったとしても

相当な権限を持つ方だけに聞かせる材料として

使うのが最も適切だと考えるのが自然です

なので

この後、問題が急転直下

解決の方向に向かうようであれば

その手段を採ったと考えられます

事実関係がうやむやなまま

グズグズするとなった場合

証言だけで勝負したと考えられます

でも

どう考えても

普通にこの問題の相談があった場合

100%、証拠を確保してから進めることを

アドバイスします

また

いくらでも証拠は確保できたでしょうから

証拠なしで勝負するなんて

万が一の事態を想定すれば

伊調選手が追いつめられるの必至で

プロが関わった以上

当事者の意見や意向を確認せず

告発に踏み切らせるなんてことは

考えられません

以上より

何らかの結論をもって

この問題は今月内に解決されると思います

syouko