川崎さんが離婚を求めた訴訟に対し

カイヤさんは離婚と慰謝料2,000万円を求めて反訴した離婚裁判

東京家裁は双方が求めた離婚は認めた上で

双方が主張していたDVや暴力は喧嘩両成敗とされ

カイヤさんによる2000万円の慰謝料請求を棄却

裁判費用もカイヤさん側の負担とする判決を下しました

結論的には川崎さんの言い分が認められたわけです

慰謝料については

双方がやったやられたと主張するだけの泥仕合だったみたいで

やはり提訴するには最低限の証拠が必要でしょう

本人たちはどう考えていたか知りませんが

将来的に離婚の可能性が高い夫婦であったと思えることから

周りに適切な助言をする人がいなかったのでしょうか

白黒がはっきりついたかのような判決ではありますが

真実は闇の中という感想は否めません

syouko