新型コロナウィルスへの対策について、日本政府の対応のまずさが多数指摘されているようです。

国民の健康問題は必然として、今後ますます懸念される経済への打撃を考えると、心配でなりません。

けれど、過去に起きた様々な時点において

自分だったらどういった対応や発表が正しかったのだろうと考えた時

同じ結果になってしまった可能性は否定できません。

一定の危機管理意識はあったでしょうが、インバウンド頼りの、株価以外根拠のない好景気の中

そこが崩れたら経済が危うくなると思ってしまうのは仕方がないことなのかも・・・

ただ、多くの特権やステイタスが与えられた政府は結果論で判断されるのは当たり前のことです。

台湾を例に、他にいくつもの防止する選択肢があったにも関わらず

これを想定外の大惨事と責任逃れをするのは

東日本大震災で被害を受けられた方々、防ぎようのない事故で犠牲になられた方々にとても失礼だと思います。

今となっては、ただただ残念な現状ですが、まだやれることはあるはずです。

すごく高い確率で、今後、日本は大恐慌にみまわれます。

東京オリンピックがあろうとなかろうと、とんでもない大不況になるでしょう。

そんなのは政治家なら誰もがわかっていることです。

個人的に思うのは国民の為のことを本気で考える政治家や総理大臣であれば

マスクが品薄で医療関係者にすら満足に渡っていない状況なのだから

全国の刑務所で一斉に製造作業をさせるとか

パフォーマンスになるかもしれないけれど

国民が納得するような一手を打てないものなのかなあ

急増の手作りマスクでもええやん

受刑者の中にも心ある人がいると思うし・・・

そういった見えない心の繋がりといったことが、今は必要な気がします。

N811_chirabattakokkicard_TP_V