感染疑いで“たらい回し” 搬送に6時間のケースも


東京都内で、発熱や体調不良を訴える患者が新型コロナウイルスに感染した疑いがあるとして救急病院から受け入れを断られるケースが相次いでいることが分かりました。


今更感はありますが、著名人の新型コロナ感染が大々的に報じられる中、感染が疑われる患者の扱いに大きな差があるのには、どうにも違和感を覚えざるをえません。

先日、報道ステーションのメインキャスターを務める富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染したとの報道がありましたが、発表までの流れを見ると、明らかに特別待遇のように思えてしまいます。

富川悠太アナウンサーを責めるつもりは一切なく、ただただ回復をお祈りするばかりですが、報道に携わる方だからこそ、どういった経緯で診察〜検査に至ったのか?

そこに忖度や特別扱いは無かったのか?などの検証があってしかるべしではないでしょうか。

100歩譲って、国の非常時に舵をとらなければならない立場の方であればまだわかりますが、著名人というだけで特別扱いというのは、どうも納得がいきません。

世間の常識

何を青臭い事を

と言われるでしょうが

自分の身内が感染した可能性がある時だったらそうなるのかを考えると、平等にしてもらわないと困ります。

9f71cba88f5852ef266b41357999ca5e_m