遠くアメリカで盛り上がっていた大統領選も

民主党のバラク・オバマ氏の完勝で幕を閉じた

日本では

オバマという地名が同じだけで

何故、あそこまで小浜市が盛り上がれたのか

不思議ではあるが

ある程度の経済効果が小浜市にあるなら

それはそれでええんじゃないかな・・・と

正直

アメリカという国が好きではないけれど

今回の大統領選での演説は

面識もなければ会った事すらない

そんな他人様の心を惹きつけるには

どうすれば良いか?

という点や

他人から判断されるということを前提に

どう言えば厭味に聞こえず

且つ、相手を攻撃できるか?

といった絶妙の言い回しという点において

非常に参考になりました

もうすぐ裁判員制度が導入される日本においても

検事や弁護士さんなどは

参考にすべきじゃないかな

なんて風に番長は思います

ただ

それに比べ

日本の選挙戦というのは

いかがなものかね

総理大臣になった途端

明らかに他党を意識した発言を繰り返す首相

総理大臣といえば

仮にも日本最高権力者だぜ

その地位は過去の歴代総理が築き上げたもので

崇高なプライドを持って就いて欲しいと思うがな

見ていて

お粗末というより

何か

もの悲しくなってしまうわ

与党なのに野党のような与党

完全に政権奪取が可能な位置にあり

与党が目前にあるにもかかわらず

野党根性丸出しで

野党野党しているだけの野党

おいおい

日本の総理大臣って言ったら

国が家族としたら大黒柱の父親だろ

うちの親父、しょぼぃ

うちの親父、超ヘタレ

そんな風に子供に思われる父親

めっちゃダサくないかい?

少なくとも

田中角栄元総理を知る番長としては

頼もしさのカケラもない今の政治家には

何の期待もしてないです

番長的には

ロッキード社というアメリカの会社から

賄賂とはいえ

金をぶん取ってきた角栄さんは

ダーティながらも力強さを感じたものです

ワンマンでも

多少、強引でもええねん

父親は

心から安心でき

信頼できる漢じゃないと

子供達はついて来ぇへんつうの