最近の検察の日和り方には

目を覆うばかりのもにがある

三重県や愛知県ですらそうなんだから

大阪や東京ではもっとなんだろうか?

その原因は理解できるとしても


「悪党を野放しにしない」


という

自分たちの使命は忘れてはならない

まず

人間なんだから過ちはある

ありきで良いんじゃないか

今の貴方達が課されたと思い込んでいる

100%の起訴有罪率

それ自体が慢心だと

それそろ気づくべきだ

と同時に

検察以上に罪深いと思えるのは

裁判官

検察の社会的使命を考えれば

違法な取調べは問題外としても

多少強引な起訴があることくらい

百も承知のはず

なのに

正しい最終決断をすべく裁判官が

許されない過ちを重ねてきた

その罪は重大だ

検察を責めるマスコミも国民も

よく考えて欲しいのだが

最終決断を下したのは

他ならぬ裁判官達なんです

唯一

検察の間違いを正せる立場であったのに

それをしなかった



しようとしなかった

ならば

検察同様

判事も責めを負うべきではないか?

もし

検察に騙されたと

被害者面をしているのなら

あんたらほど性根の腐った人種はいないぜ

腰抜けばかりが支配する法治国家

これでは困るだろ

検察は

貴方達は有罪の可能性のある者を

起訴する立場にあるのだから

自信と勇気を持って起訴をすれば良いのだ

そして

有罪が決定するまでは

単なる刑事被告人なだけなんだから

逃亡の恐れが無い

証拠隠滅の恐れが無い

というのであれば

諸外国並みに保釈を認めるべきだ

なら

もし無罪判決になっても

今ほど他人の人生を破綻させるようなことには

ならないだろう

逃げ可能性なんて低い

証拠隠滅の方法すらない

痴漢容疑者を

長期間、拘留することもないだろう

まず

無罪判決の担当検事

逆転判決を下された判事

が出世できないなんてシステムは

直ちにやめるべきだと

番長は思うのです