大阪地検特捜部主任検事証拠改竄事件では

検察が検察官を追求する異常な事態に

片や有罪、片や無罪と

全面対決の様相になっている

とりあえず自分の無罪を主張するのはいいのだけれど

刑事被告人となっている元検事さん達は

無罪を主張し続けた村木厚子さんを

要な証拠が改竄されていたのを知った後も

取り下げることなく自分たちの保身の為に起訴し続け

なんとか有罪に持ち込もうと

最後の最後まで厳しく追求した事実は

どう考えているのかね?

自分たちの過ちを知った後でも無実の者を有罪と罵った罪は

今、貴方たちが問われている

証拠隠滅罪という不当に軽い罪状に比べれば

遥かに罪深く不道徳なものではないのかな

国民の多くは

検察とは罪を犯した人間を罪に問うてくれる

頼もしい存在だと思う反面

無罪の者まで強引に有罪にする

冤罪事件の元凶だとということを知っている

それでも

何食わぬ顔で同じ過ちを繰り返すことに

深く憤りを感じているのです

今回の裁判に関してのコメントの中に

少しでも村木厚子さんに対する謝罪の言葉があれば

まだ、貴方たちの言葉に耳をかす国民もいようが

自分のことだけをペラペラ話し

知らぬ存ぜぬだけでは

説得力がなさすぎだって

刑務所に入ることになれば

他の受刑者からの反感もあり

相当過酷な状況が待ち受けていることは

職務に忠実だっただけと捉えれば

同情はするけれど

今まで貴方たちが持っていた感情と同じく

国民の多くは

知ったことではないと思うだけででしょう

むしろ

「ざまあみろ」

といったところではないでしょうか

検察官が一定期間裁判官になり

その後また検察に戻る制度や

死刑を回避する為ならどんな手段をも使う弁護士を見て

違和感を感じる国民感情は

法曹界には届かないだなあと思うばかりです

SM好きや変態プレー好きが多いのも

業界では有名な話です

歪な精神構造をしている者の集団とまでは言いませんが

異常な業界であることに

異論はありません

何よりも

将来の日本を担う若者が

法曹界に入りたがらなくなることを憂うばかりです

仙石


谷垣